CVs197LVAAA3U9_


横山由依スピーチ全文


本日よりAKB48グループ総監督になりました、横山由依です。

少し私の思いを話させてください。

一昨日AKB48劇場オープン10周年祭がありました。そこには昔から応援してくださった、AKBの未来を信じて応援してくださったレジェンドのファンの方たちがたくさん来てくださいました。

駆けつけてくださった卒業したメンバーも凄く輝いていましたし、私の憧れのAKB48がそこにあったなと思って、本当に夢のような時間でした。

キラキラ輝く先輩たちを見て、ファンの皆さんが心からの笑顔で応援してくださってるのを見て、やっぱりAKB48は1期生、2期生、3期生をはじめとする先輩メンバーと、そしてファンの方々が作り上げてくださったものなんだなと感じました。

そこで1つ私が思ったことがあります。

AKB48のライバルはAKB48です。

たくさんグループがいるし、そのみんなもライバルなんですけれども、私たちが今もっとも超えなければいけない目の前にある大きな壁は、今までのAKB48なんじゃないかとその時思いました。

劇場がオープンして10年というこの日にグループの総監督を継承させていただくことになりました。

ほんとはうまく喋べれるタイプじゃないし、ここに立っているだけで、もうどうしようもないぐらい不安なんですけど、でも今ここで宣言させてください。

たかみなさんたち初期のメンバーが作ってくださったAKB48の歴史に負けないぐらい、もっと凄い新しいAKB48を48グループのメンバーみんなと一緒に作っていきたいなと、そう思います。

この間の10周年の時も思ったんですけど、やっぱり先輩達の活躍とかを見てると、やっぱ自分たちまだまだだなって思うことが本当に多くて。たぶんここにいる仲間たちもみんなそう思ってると思うんですけど。

でも、ここで皆さんと約束をしたらいいのかなと。それに向かって頑張れるのかなと思うのでここで約束をさせてください。

これから10年後、皆さんが「このグループをずっと応援していて良かったな」と思っていただけるようなグループでいられるように私たちメンバーみんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います。

だから皆さんにお願いします。これからもAKB48グループの応援をしてください。皆さん、私たちのことを支えてください。そして、私たちのレジェンドファンになってください。

私たちほんとにまだまだ未熟で先輩達の力を借りてしか歩むことはできませんが、ファンの皆さんと一緒ならこの先10年また夢を見続けられるのかなと思うので、これからも是非48グループの応援をよろしくお願いします。